カートをみる マイページへログイン お客様の声 ご利用案内 お問い合せ サイト概要
 

靴の選び方

パンプスの選び方

●甲の深さとフィット感が適当にあるか
甲の抑えが弱いと前滑りをして歩きにくくなってしまいますので、甲に適当な深さがあるパンプスをお勧めします。

●五本の足の指が真っ直ぐに伸びているか。
長さが全く足りていないと、指先が詰まり指が曲がることになります。また先端が細い靴ですと、左右からの狭まっていると、足指が互いにつぶし合ったりすることで、指が曲がった状態のままとなることもあります。

●靴幅に無理はないか
サイズが小さいよりも大きい方がゆとりがあると思い、大き目のサイズをお選びになられる方もいらっしゃいます。しかし、サイズが大きくすることで革が馴染んで余裕が出てくると余計に前滑りをしてしまい、サイズが合わなくなってくることの方が足に負担を与えてしまいます。
サイズを大きくするよりも,(多少手間やお金はかかりますが)靴の修理屋さんで、足が当たる部分だけを伸ばしてもらうといった方法がお勧めです。また、甲の薄い方は、市販されているサンダル用の中敷きなどを試してみるのも効果的です。

●土踏まずのカーブが足にあっているかどうか。
ご自分の土ふまずのアーチと靴のアーチ部分があっていなければよりよいフィット感は生まれません。靴と足とが一体になるようなフィット感を目指しましょう。


サンダルの選び方

●踵は少しはみ出る位が綺麗
サンダルの場合は踵が端から2〜3ミリ程度出るくらいがきれいに見えます。逆に踵が靴の端より内側に入ってしまっている場合は、足より靴が大きいということなので注意しましょう。 

●足と幅や甲の部分は隙間なく
サンダルは足全体を覆う部分が少ないので、押さえが弱いと前滑りをして歩きにくくなってしまったりします。長さが合っているかだけではなく、足を靴とフィットさせる押さえ部分がすき間なくぴったりと合わっているかどうかを確認しましょう。

●土踏まずのアーチと靴のアーチがあっているかどうか。
踏まずが靴より浮いたままの状態は、特にヒールが高い場合には爪先立ちで歩くよう感覚になってしまい、足は小さな面積で、何倍もの大きさの体を支えています。靴と足とが一体になるようなフィット感を目指しましょう。

ページトップへ